恋と愛の違い

【恋と愛の違い】彼が付き合った途端に冷めた…?男女間の温度差はなぜうまれるのか

「付き合い始めてから時間が経って、なぜか彼が冷めたような気がする」
「付き合う前は彼の方が情熱的だったのに、いつのまにか逆転してしまった」

そんな経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

そんな男女間での温度差は、なぜ生まれるのでしょうか。

男女間で気持ちの温度差がうまれる仕組み

男女の気持ちに温度差があり、ときめきが期間限定になってしまうのは、やむを得ないことです。

男性の盛り上がるピークは付き合う前

男性が女性に対して抱くのは、「征服欲」「独占欲」「探究心」「性欲」などです。

出会ったばかりの女性に対して

  • 「手に入れたい!」という征服欲
  • 「自分だけのものにしたい!」という独占欲
  • 「自分にとっての利益は何か?」という探究心
  • 「他の男に負けたくない」という競争心
  • 子孫を残すための性欲

これらが湧くのは、付き合う前がピークなのです。

お付き合いが始まり、女性が自分のものになったと思うと、安心して気が緩んでいきます。

女性が盛り上がるのは付き合ったあと

対して、女性が男性に求めるのは、「理解」「共感」「守ってもらうこと」などです。

付き合ってからのほうが、相手に求める気持ちが大きくなるのです。

執着と愛情を勘違いすることへのリスク

このように、男女ではお互いに求める気持ちが違うため、満たされるタイミングが変わってきます。

こういった、本能に近い欲望を刺激しつづけることには、リスクが伴います。

刺激は「満たされていない」と感じる時に受けるため、満たされていない状態が続くと、「束縛」「猜疑心」「不安」「不満」「自己中心的な考え」といったネガティブな感情が生まれていってしまいます。

そして、パートナーがこのネガティブな感情を解消してくれるようになると、その相手に執着してしまうようになります。

この「執着」を「愛情」だと勘違いしてしまうと、相手への要求がどんどん増えます。

それは、自分の執着を受け入れてくれるかどうかで、絶え間なく、愛情があるかどうかを確かめようとすることなのです。

また、うまくいってるのに不安になり、相手にわざとケンカを売るようなひともいます。冷たい態度をとり、相手を試そうとするひともいます。

こういった温度差を適切に埋めるために、適切なコミュニケーションを取っていく必要があります。

参考

この記事の内容は「この女に愛されたいと思われる」”彼女”になる方法で詳しく紹介しています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa