恋と愛の違い

【恋と愛の違い】愛とはお互いの中にあり、感じ合うもの

「恋と愛とは違うものなの?」
「いち早く、恋を愛に変えていきたい」
そのように考える女性も多いのではないでしょうか。

今回は、「恋」と「愛」の違いについてご紹介します。

ときめきは愛ではない

ときめきとは、エゴが満たされたときの高揚感です。

【恋と愛の違い】ときめきの正体とは?出会った頃の「ときめき」を、少しでも長く感じていたい…そう感じる人も多いことでしょう。 今回は、ときめきの正体とは何かをお伝えしま...

恋愛初期でときめいているとき、「こんなにも彼を愛している」と思うかもしれませんが、その段階ではまだ「愛」ではありません。

では、恋が愛に変わるのはいつなのでしょうか。

実は、恋は愛に変わることはありません

「恋」と「愛」はまったく別物であり、性質の違うものなのです。

恋愛は「恋」と「愛」で成立している

「恋愛」とは、文字通り、恋と愛で成立しています。

素晴らしい恋愛は、この恋と愛が連動して成り立っています。どちらが欠けてもいけません。

恋、つまりエゴが欠けてしまえば、男女として求め合うことがなくなり、一緒にいようとする気持ちがなくなってしまいます。

愛が欠けてしまえば、自分のことしか考えることができず、「もっとわたしを満たしてほしい」と苦しくなってしまいます。

愛とは感じ合うもの

愛は、対象物を必要としません

そして、自分の内側にもともと存在するものであり、外から補うものではないのです。

誰かを「愛する」ということは、外側から求めるときめきとは違い、もともと自分の内側にある愛に気づき、感じること。

男女が「愛し合う」ということは、お互いの中にある愛に気づき、自分の愛を表現し合うことです。

なので、愛を最大限に感じるためには、自己肯定が欠かせません。

「恋を与え合い、愛を感じ合う」バランスが、素晴らしい恋愛を維持する秘訣です。

愛はすでにお互いの中に存在している

「彼からもっと愛が欲しい」と悩む女性は、視点を変えてみることをおすすめします。

自分の中に、すでに愛は存在しています。彼の愛も、彼の中にあります。

彼の愛を感じられないのは、彼のせいではないのです。

参考

この記事の内容は「この女に愛されたいと思われる」”彼女”になる方法で詳しく紹介しています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa