恋と愛の違い

【恋と愛の違い】ときめきの正体とは?

出会った頃の「ときめき」を、少しでも長く感じていたい…そう感じる人も多いことでしょう。

今回は、ときめきの正体とは何かをお伝えします。

「ときめき」は欲が満たされるときの高揚感

「ときめき」とは、さまざまな欲が満たされたときに感じる高揚感です。

ずっと欲しかった洋服を手に入れたとき、美味しいスイーツを食べたとき、仕事がうまくいったとき、趣味に没頭しているとき…など、日常の中でときめきを感じられる場面はたくさんあります。

そのなかでも恋愛におけるときめきは、「エゴが満たされたときの高揚感」といえるでしょう。

恋のときめきとは

まだ出会って間もない男性に、相手のことを何も知らないにも関わらず、「あの人、タイプ!」とときめいたことはないでしょうか。

恋愛におけるときめきとは、「こんな人がわたしを受け入れてくれたら、わたしって素晴らしいと感じられるだろうな」という気持ちの高まりなのです。

そのときめきが消えていくと、「自分を肯定されたい」という執着に変わります。

「もっとわたしを好きになってほしい」
「彼の気持ちがわからない」
「わたしの方が彼のことを好きみたいで、悔しい」

そんな感情が出てきたとき、ときめきは執着となり、悩みや苦しみへと変化しているのです。

恋をするとエゴのスイッチが入る

ひとは誰しも、恋をすると自動的に「自己肯定したい!」というエゴのスイッチが入るようになっています。

自己肯定し合うため、快楽を得るため、お互いを「必要な存在」だとして求め合います。

このようなエゴを満たし合うときの高揚感である「ときめき」は、人間に与えられた素晴らしいギフトなのです。

男女で求め合うのはエゴがあるからこそ

エゴがなければ、男女でお互いを求め合うことはありません。

彼がどこの誰と幸せになろうと気にもしません。

「あの人のことを考えるだけでドキドキする」なんてこともありません。

「わたしを満たしてよ」とイライラすることもありません。

事実、友達と恋した相手とでは、まったく違う気持ちになるでしょう。

エゴがあるからこそ、苦しくもなり、楽しくもなるのです。

つまり、相手と自分のエゴを熟知してさえいれば、いつでもときめきをつくりだし、いつまでもときめきを感じ合う関係でいることができます。

ときめきは愛ではない

ときめいている状態とは、「恋している」状態です。

恋愛初期でときめいているとき、「こんなにも彼を愛している」と思うかもしれませんが、その段階ではまだ「愛」ではありません。

「恋すること」と「愛すること」はまったく別物であり、性質の違うものなのです。

参考

この記事の内容は「この女に愛されたいと思われる」”彼女”になる方法で詳しく紹介しています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa