恋と愛の違い

【恋と愛の違い】ときめきを持続させる方法

「ときめきは3ヶ月で終わる」という説を聞いたことはないでしょうか。

なぜこういった説がまことしやかにささやかれるのでしょうか。

けれど自分も長くときめいていたいし、相手にも長くときめいていてもらいたい…そう思う女性も多いことでしょう。

今回は、ときめきを長く保つための方法をご紹介します。

恋愛初期の「一体感」は愛ではない

出会って間もない頃、燃え上がっているふたりの間では、「満たしてあげたい」「満たされたい」というお互いの思いが一致しています。

それゆえに、「自分と相手とは違う人間である」という境界線を、しばしば見失ってしまいがちです。

まるで自分と彼が一心同体であるかのような感覚に陥ってしまうのは、自分という存在に彼が深く関わっている部分が、大きくなりすぎているからです。

しかし、この状態は「愛」ではありません。

この段階では、自分が相手の中に「素晴らしい自分」を見出そうとしているだけに過ぎません。

恋から愛へと変化するとき

3ヶ月も経つと、まるで一心同体のように感じていた相手に対し、「まったく価値観の違う人間だ」と感じ始めます。

この次の段階こそが、「自分と相手は違って当たり前」と、相手そのものに興味を持ち、受け入れようとする段階です。

違いを受け入れ、思いやりをもち、信頼や尊敬の気持ちが生まれていく…これらは「愛」といえるでしょう。

こうした変化は、恋が愛に変わったのではありません。

恋するときめきが落ち着いて、ようやく「自分の中の愛」「相手の中の愛」に気がつけるようになった、ということです。

ときめきを持続させるには、彼をときめかせること

彼にずっと恋していてもらいたい、ときめいていてもらいたい、と思うのであれば、「彼の恋を、自分自身が全力で応援する」ことです。

このとき、「ときめきとは相手の楽しみのためであって、自分の楽しみのためではない」と考えてみましょう。

女性が男性に恋させる。

男性は、女性から感じるときめきをなくさないために、女性を守る。

それが結果として、女性のときめきになる。

これが、ときめきを持続させる方法です。

参考

この記事の内容は「この女に愛されたいと思われる」”彼女”になる方法で詳しく紹介しています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa