立川ルリ子について

立川 ルリ子(たつかわ るりこ)プロフィール

  • 恋愛コミュニケーション研究家
  • 恋愛ソウルミッションアドバイザー
  • 一般社団法人ウーマンパーソナリティー協会 代表理事
  • R’sメソッド創始者
  • 著書4冊
  • 全国にて講演活動やセミナー・ワークショップを開催中

経歴

幼少期

広島県出身。
小学1年で母親が再婚。義父のパワハラによって家の中に居場所をなくす。

小学生のときに不審者にさらわれる。これをきっかけに、自分が男性の欲望の対象にされる存在であることを強く意識するようになる。

14歳で家出、19歳で結婚、21歳でホステスへ

義父のパワハラ、母親との確執によって、14歳で家を飛び出し、自立。その後、薬物、レイプ、鬱病、自殺未遂などを体験。

逃れるように19歳で結婚し子供に恵まれたが、第2子を授かった頃に、夫が経営する会社が倒産。ギャンブル、DV、浮気、借金という転落の生活へ。

借金返済と生活のため、21歳でホステスとして働くことを決意。

離婚をきっかけに上京。2店舗経営するオーナーママへ

離婚をきっかけに、子供たちとともに上京。子育てをしながらお金もなく、人脈もないなか、新宿の高級クラブで働き始め、日払いで生活を始める。

25歳で独立。オーナーママとしてラウンジとスナックを経営し始める。

ラウンジ・スナックでは、のべ200人以上の接客業の女性たちをコーチング技術を駆使し、育成。

来店人数は約10年間でのべ7万人。お客様とホステスたちのマッチングを重視した采配により、100%のリピート率を実現した。

また、それまでにない顧客ニーズを開拓し、市場を独占したことで、界隈でも話題となった。

35歳でネイルサロンをオープン。恋愛相談できるネイルサロンとして話題に

独立した当初の決意である「ずっと同じことはしない」という意思に沿って、35歳でラウンジを引退。ネイルサロン「アンジュブラン東京」の経営を始める。

累計10万人以上の男性顧客を見てきた観察眼と、経営で培った見極め力によって、女性客の恋愛相談にのっていたところ、「恋愛相談が受けられるネイルサロン」と評判になる。

恋愛セミナーを始めたところ、またたく間に人気を博すようになる。

白血病との闘い、臨死体験を経て「魂の自分」と出会う

そんな矢先、急性リンパ性白血病を患い、8ヶ月間の闘病生活を余儀なくされる。

闘病中に臨死体験をした際、「魂の自分」と出逢うという体験をする。これによって、いままでの人生のあらゆる経験や困難が、すべて「愛」を知るためのものだったことに気づく。

移植手術を経て、社会復帰してからは、臨死体験によって知り得た「愛の世界」という観点から「魂の恋愛」を提唱するようになる。

「魂の自分」を知り、「魂のご縁」を観て恋愛するための、男性との具体的なコミュニケーション方法を伝える恋愛セミナーや、恋愛に悩む女性たちのためのパーソナルコーチング(個人セッション)を展開。

現在は、個人セッションのほか、全国各地での講演活動、イベント・セミナー・ワークショップの開催を中心に、ラジオ・メディアへも出演。

「魂のパートナーシップ」を伝え、悔いのない素晴らしい人生送る方法を伝えている。

実績

日本最大の恋愛ポータルサイト「恋愛ユニバーシティ」で執筆した20本のコラムが累計227万PVを達成。1本の記事も77万PV(2017年6月時点)を達成するなど、大きな反響を呼ぶこととなる。

その後、4冊の著書を出版。「読むだけでパートナーを幸せにできる自信が付く」「愛に溢れた自分と出会える」という声が多く、これまでの恋愛ノウハウ本・恋愛指南書とは一線を画す独特の視点に定評がある。

著書

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa