恋がうまくいく鏡のルール

返信が遅いと不安?「彼の都合」と「わたしの価値」の関係性

「お付き合いしている彼からのLINEが減った」「気になる彼との食事なのに、大衆居酒屋に誘われた」…たとえばこんなとき、「わたしに気がないってこと?」と困惑する女性は多いもの。

けれどそれは不安に駆られているだけで、心配する必要がないことかもしれません。

今回は「彼がしてくれること」と「わたしの価値」との関係についてご紹介します。

女性が抱える「勘違い」

多くの女性がよく抱えてしまう「勘違い」があります。

それは、「彼の都合」と「わたしの価値」を混同してしまうことです。

  • ランチに誘ったけど断られた
  • いつもよりも彼のLINEの返信が遅い
  • 久しぶりのデートなのに、安いお店に誘われた

たとえばこういうとき、多くの女性は不安に駆られてしまうことでしょう。

「わたしに気がないのかな」
「なにか嫌われるようなことしたかな」
「わたしにはその程度の価値しかないってことかな」

こんなネガティブな思考が湧いてしまうのではないでしょうか。

しかし、これらはあくまでも妄想です。

「彼の都合」と「わたしの価値」を混同しない

まず、先に挙げたような例は、あくまでも「彼の都合」であり、「わたしの価値」とは関係がないということを頭に置いておきましょう。

「彼の都合」と「わたしの価値」を混同していると、常に、「彼から何をしてもらえるか」で自分の価値を測るようになります。

「LINEの返信が遅いのは、嫌われたからだ」
「安いお店に連れていかれたのは、わたしにお金を使いたくないからだ」
「プレゼントが安物なのは、わたしに魅力がないからだ」

という具合です。

これは「わたしのことを好きならば、◯◯してくれるべき」という発想でいるため、そうではなかったときに「わたしのことを好きではないということ?」と感じてしまう…ということです。

けれど、果たして本当にそうなのでしょうか。

「彼の都合」を冷静にとらえる

「鏡のルール」でご説明したように、彼は女性の価値(美しいから、魅力的だからなど)行動しているわけではありません。

「ずっと一緒にいたい」と思われる「鏡のルール」男性から愛され、また会いたいと思われる女性とは、いったいどんな女性なのでしょうか? それは、単純に美しい女性というわけでも、家庭的...

あくまで、女性を通して感じられる「成果(おれってなかなかやるな!)」を得たくて行動しているだけです。

もちろん、リアクション上手な女性のほうが、男性からの「喜ばせたい行動」は増えますが、行動するかどうかはあくまで「彼の都合」なのです。

たとえば、誕生日に高価なプレゼントをくれなかったからといって、「彼に好かれていない」ということには直結しない…というのは、少し冷静に考えたらわかることではないでしょうか。

たまたま彼が、金欠だったのかもしれません。

また、「高価なものを買って喜ばれなかったらどうしよう」という発想の持ち主かもしれません。

他にも、たくさんの事情が考えられることでしょう。

どれも「彼の都合」です。女性の価値が低いからではありません。

冷静に考えたら直結しないとわかることなのに、つい恋愛になると途端に不安に飲み込まれてしまうだけなのです。

たとえ距離を置かれたとしても「彼の都合」

LINEの返信が遅いのも、たまたま忙しいだけかもしれません。

体調が悪いのかもしれませんし、他にイライラすることが重なり、そんな気分ではないだけかもしれません。

男性は付き合いが落ち着くと、連絡の頻度が減る人も珍しくありません。単純に「安心している」だけで、もともと連絡不精な人かもしれないのです。

そこには、「わたしの価値」は全く関係ありません。

さらに、たとえ彼が他の女性に目移りしたとしても、浮気をしたとしても、それはあくまで「彼の都合」なのです。

わたしに魅力があるかどうか
わたしに価値があるかどうか

には、一切関係がありません。

距離を置かれたとしても、それさえも彼の都合です。

「彼にとって」バツが悪いと感じる場面が増え、距離を置いただけのことなのです。

冷静に「彼の都合」を割り切り、良い鏡でいつづける

必要以上の不安にさえ支配されなければ、冷静な判断に沿って行動することができるはずです。

「鏡のルール」に沿って、再び、「彼をかっこよく映す」ことだけを考えたら良いのです。

LINEの返信が遅いからといって、「何してたの」と責めたり、立て続けにLINEを送り続けるのは逆効果。

「忙しいのかも?」など想像し、そのままにして気にしないのもひとつ。

また、気遣いのLINE一通だけ入れておくなど、最大限、彼が心地よいと感じられる行動をするのも良いかもしれません。

彼の行動を「わたしの価値」と混同して不安にかられ、彼をかっこ悪く感じさせてしてしまう行動をするのではなく、「すべては彼の都合」と割り切ったうえで、「彼をかっこよく映す鏡」であることにフォーカスしましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa