恋がうまくいく鏡のルール

2回目のデートにつながる会話術!自慢話や沈黙のとらえ方も

出会いの場にはよく行くし、素敵な男性とのデートにも行ける!…なのに、2回目のデートに一向につながらない…そんな悩みを持つ人もいることでしょう。

「あんなに盛り上がったのになぜ?」と疑問に感じて、自信をなくしている方も多いのではないでしょうか。

また、男性の自慢話や、盛り上がらない会話にイライラする!という女性もいます。

今回は、初回デートを乗り越え、2回目のデートにこぎつける方法をご紹介します。

初回デートの会話をチェック!

2回目のデートにつながらないと悩む女性は、初回デートで次のような行動をしていないか、チェックしてみてください。

  • 相手の男性が話さない人だから、わたしが代わりにいっぱい話してあげた
  • 趣味の話題で盛り上がって、すごくいっぱい話して帰ってきた
  • 相手のふった話題に対して、自分の方がもっと詳しい知識があったので、いろいろ教えてあげた

実はこれらの行動は、男性にとって「自分がかっこよいと感じられない行動」になっている可能性があります。

「鏡のルール」は、「女性が、男性をかっこよく映す鏡の役割を果たすことで、恋愛がうまくいく」というもの。

「ずっと一緒にいたい」と思われる「鏡のルール」男性から愛され、また会いたいと思われる女性とは、いったいどんな女性なのでしょうか? それは、単純に美しい女性というわけでも、家庭的...

女性ばかりが話したり、仕切ったり、教えたりすることは、男性にとって「自分を映す暇さえ与えない」状態なのです。

相手が寡黙な人だったら

相手が自分から話すタイプではなかったため、その場を盛り上げようと話しすぎてしまった…というケースもあるでしょう。

けれど、「沈黙が苦手」なのは自分の価値観でしかありません。相手がそう思っていない場合もあります。

こういったときには、なるべく相手のペースに合わせた上で、相手の話を広げることを基本にするのが良いでしょう。

話しすぎて相手を否定していないかをチェック

「話が盛り上がったはずなのに、2回目のデートにつながらない」ひとは、相手の話の腰を折っている可能性があります。

「今度タイへ行くんだよ」
「わたしは3回行ったよ!バンコクやプーケットもいいけど、北部エリアがおすすめかな。わたしが行ったのは2年前でね…」

「あそこのお店好きなんだ」
「わたしも行ったことある!おいしいよね!でも高くない?わたしが最近ハマっている店は、素材にこだわっていてね…」

という具合です。

相手の話の腰を折り、会話をかぶせるのは、「わたしの経験のほうがすごい」「あなたの知識よりわたしのほうが上」と言っているのと変わりません。

相手は否定されたような感覚になり、心地よさを感じられなくなるのです。

「たくさん話せて楽しかった」と思ったときほど、これをしていないか、振り返ってみてください。

相手の話を広げる会話術

相手を心地よくさせるコツは、「相手の話を広げていく」会話を心がけることです。

「今度、タイへ行くんだよ」
「いいなー!タイのどこへ行くの?」
「今回はバンコクだけ。タイ料理が食べたくて」
「タイ料理を食べるためだけにバンコクへ行くの?すごい!行動的だね!」
「おれ、思い立ったらすぐ行動するタイプでさ。仕事にも遊びにも貪欲なんだ」

例えば、こういった会話になれば、男性は「どう?おれってなかなかやるでしょ?」と気持ちよくなれることでしょう。

また、男性の場合は、自分の話したいことを質問する場合も多くあります。

もし男性から質問されたら、自分からは軽く答え、「あなたはどうなの?」と尋ねると、会話が広がりやすくなります。

男性は女性の気を引くために自慢話をする

男性の自慢話が苦手…という女性もいます。

しかし、そもそも男性は、鏡のルールでわかる通り、自分の話をしたいし、自慢したいのです。

「女性のことをあまり知らなくても満足。そもそも知りたいとは思っていない」と考えておきましょう。

特に出会いの場面では、狩りモードに入っているため、「自分は優秀なオスだ」ということをアピールしたがります。

これは、女性の気をひくための本能的な行動なのです。

つまり、男性が自分のことをたくさん話し、「おれってすごいでしょ」と自慢話をしてきたら、それは相手の女性に関心があり、気を引きたいということなのです。

自分のことばかりを話され、自慢話をされるときには、「わたしの気をひきたいんだな」と好意的に捉えてみましょう。

相手が心地よくなれる会話の展開をしよう

ちょっとしたコツをおさえるだけで、会話の展開は大きく変わります。

男性が心地よく感じられる会話を心がけ、デートを重ねられるようにチャレンジしてみましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa