愛着形成・安全基地

男性の「安全基地」となる女性は、どんなときも信じて疑わない

「彼氏ができても長続きしない…」「一瞬の駆け引きはできても、長く信頼をおける関係をつくるのは苦手…」そんな悩みを持っている女性もいるでしょう。

今回は、長く付き合っていくにあたって、男性が女性に求める「理想的な女性の在り方」をご紹介します。

安全基地とは「純粋に彼の幸せを思える」状態

男性は本能的に、女性に「安全基地」としての役割を求めています。

大切に守られる女性は「母親のような安全基地」お付き合いをしていくと、決して順風満帆なことばかりではないでしょう。 思い通りにいかないことも増え、時には感情的になり、彼とケンカ...

では、理想的な安全基地とは、どのような振る舞いができる女性なのでしょうか。

それは、まずは先の記事で書いた通り「休息できる場所である」と心がけていること。

もうひとつは「純粋に彼の幸せを思えていること」です。

彼の幸せを考えることは、彼が外で活躍しているのを見守ること

「彼の幸せを考えている」とは、「彼が外で活躍しているのを嬉しく見守れている」状態ともいえます。

彼が仕事に励んでいることや、友人との付き合いを大切にすることなどを、あたたかく見守れている状態です。

これは、母親の態度と同じと言えるでしょう。

小学生の息子が「友達と遊んでくる!」と家を出て行ったときに、「気を付けていってらっしゃい!晩御飯を作って待ってるね」と言うのと同じ感覚です。

このとき、「わたしとの時間よりほかのことを優先して寂しい」という感情になるのは、少し違います。

また、「これだけ我慢しているのだから、あとで埋め合わせしてくれるよね」という発想になるのも違います。

男性から「安全基地」として認識される女性は、そうではない純粋な彼の幸せを願う気持ちが、自然とあらわれている状態なのです。

(このように思うことが困難な女性は、「愛の三次元」のバランスを崩している可能性があります。詳しくは、随時更新される「愛の三次元」カテゴリの記事をご一読ください)

安全基地となる女性は、彼の気持ちを疑わない

彼の幸せを純粋に願うことができるというのは、彼を信頼して自由にさせてあげられるということでもあります。

こういう女性は、彼の気持ちを信じて疑いません

LINEの返信が遅かったり、会う頻度が減ったくらいでは、動揺しないのです。

たとえ彼がLINEに対して既読スルーだとしても、そこに対してもしアプローチするならば「返信がないけれど大丈夫?体調でも崩していない?」という気遣いの一言でしょう。

これに対して「大丈夫だよ」とそっけない返事がきたとしても、「そっか、よかった!」で済ませられる余裕があります。

安全基地としての役割が不十分な女性は、こういった行動がなかなかできません

「なんで返事をくれないの?」
「わたしが心配してるって思わないの?」
「もう好きじゃなくなったの?」
「わたしの気持ちも考えてよ」

などと、彼へ不満や不安をぶつけてしまいます

LINEの返信がないときに、連絡をするなというわけではありません。けれど、

「わたしのことが嫌いになったの?どうして連絡をくれないのよ」
と不安で責め立てる女性と、

「体調でも崩したの?大丈夫?」
と心配する女性…

どちらのほうが男性にとって安心感があるかは、一目瞭然ではないでしょうか

安全基地となれる女性は、常に一定の愛情を注ぐことができる

男性に対して安心感を与えるには、「常に一定の愛情を注ぐ」ことを心がけます。

たとえ男性からの行動に変化があっても、そこに一喜一憂しないことです。彼にもいろいろな都合があります。たとえば、LINEの頻度が変わっても、それくらいで愛情の変化はない…と冷静でいること。

そのうえで、「彼が心地いいのはどんな状態だろう」「彼がリラックスできるのはどんな状態だろう」と考えを巡らせます。

相手に関心を持つのです

彼が疲れていそうだなと思えば、「大丈夫?何かできることある?」と気遣ったり労ったりするだけのこと。

「あなたのことをちゃんと見ているよ」
「あなたのことを気にかけているよ」
「あなたのそのままを受け入れるよ」

そんな態度を繰り返すことで、男性は彼女のことを安全基地だと認識するようになります。

「安全基地になろうとしている」自分に自信をもつ

それでも不安に襲われるときには、「わたしは彼を幸せにできるのだ」という気持ちを持ち、立ち返ってみてください

「わたしのことをかまって」「わたしのことを好きになって」「わたしに振り向いて」という気持ちを手放し、純粋に彼の安全基地になろうとしている女性は、自分しかいないと自信をもちましょう。

そして、自分の生活(わたしの世界)を精いっぱい楽しみ、彼との時間を大切に過ごすことが大切です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa