永く愛されるための3つの刺激

永く愛される女性はステイタスを感じさせる【3つの刺激④】

男性に永く愛される刺激的な女性がおさえている「3つの刺激」。最後は、「ステイタスを感じさせる」ことについてご紹介します。

男性から永く愛されるのは「刺激的な女性」【3つの刺激①】「男性から永く愛される女性になりたい」というのは、多くの女性が切実に願うことでしょう。「一人の人に飽きずに愛されるなんてできるわけがない...

男性が心地よく感じる「ステイタス」とは

ここでいう「ステイタス」とは、「人より優位にある」「唯一無二である」ということです。これは、男性にとって非常に大切なもの。

男性に対してわかりやすくステイタスを刺激するには、次のような言葉を日常的にかけるのが良いでしょう。

「さすが男だよね!運転がうまい」
「パソコンに詳しくて頼りになる!」
「こんな仕事、あなたじゃなきゃできないね」

つまりは「彼の得意なこと」を「あなただからできるんだね」として伝えてあげるのです。

ほかにも、「何かと比べて」というニュアンスをもたせる言葉も効果的です。

「こんなプレゼント、はじめて」
「今までのなかで一番良いよ」

などです。

このように、女性からステイタスを感じられる場面が増えることで、男性は「この女性といると、自分が特別で一番だと感じられる」と思うようになります

「もっと自分が特別だと感じたい」からこそ、女性に「さすが」「こんなの初めて」と言ってもらえるような行動を、次々ととっていくのです。

逆効果になる表現

ただし、ステイタスを感じさせるじぶんつもりが、逆効果になってしまう表現もあります。

たとえば競争心をあおるような表現、つまりほかの男性を連想させる表現です。

たとえば
「プレゼントはほかにももらったけど、あなたのが一番」
という表現。

これでは、ほかの男性を連想することで競争心をあおってしまい、その後の関係に悪影響を与えてしまいます。

また、経歴や年齢を考慮せず、「すごい」「はじめて」を連発しすぎるのも不自然に感じられることもあります。

そのような場合には「あなたとなら特別に感じるね」という表現にしてみるのが良いでしょう。

イベントは男性が力を発揮する場面

誕生日やクリスマスなど、イベント時に女性がやりがちなのが、イベントを楽しみたいからといって「自分の要求を通そうとする」ことです。

しかしこれは、男性にステイタスを感じさせるには逆効果です。

イベントごとは、男性が自分にできる限りの力を発揮する場面と考えましょう。

女性は、男性が一生懸命考えた、本人なりの力を発揮したことを受け入れ、感謝することです。

「女性に要求されたことをやる」のでは、男性はあまり喜ぶことができないのです。

あまりにも要求が重なると、

「もうすぐ誕生日か、面倒だな」
「とりあえず言われたことをすればいいか」
「いうことを聞いておけば機嫌がいいしな」

義務的な発想になり、「できれば避けたいな」に変わってしまうこともあるのです。

参考

この記事の内容は「この女に愛されたいと思われる」”彼女”になる方法で詳しく紹介しています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa