恋がうまくいく鏡のルール

ハイスペ男性・無理めの男性にアプローチ!「ファンです」ポジションとは

「すごく素敵!でも、ライバルが多そう…」「こんなひととお付き合いするなんて、無理かなぁ」というような男性と出会うこともあるでしょう。

今回は「ハイスペックすぎて、高嶺の花かな」「わたしには無理かな」というような男性と、グッと距離を近づける方法をご紹介します。

無理めの男性には「ファンです」という姿勢で臨む

前回、出会ったばかりで気になる男性がいたら、好意をきちんと示すことをおすすめしました。

気になる男性に出会ったら?「好きだってバレたくない」は手放そう気になる男性ができても、なかなかアプローチできずに悩む女性は多いもの。 「興味があるなら男性から声をかけてくれるはず」という考えは置い...

この中でも「あなたのファンです」という姿勢で接することは、どんな無理めな男性へも近づくことができる、有効な手段です。

「ファンです」という姿勢は、具体的にいうと次のようなものです。

  • あなたのいいところをたくさん知ってます
  • あなたをもっと知りたいです
  • あなたを応援しています

ファンとして距離を縮めるステップ

男性に「ファンです」という姿勢で距離を縮めるには、次のようなステップを踏みます。

  1. 「わたしの理想の男性」をイメージしておく
  2. 気になる人ができたら「理想の男性ラベル」を貼る
  3. 「ファンです」と鏡にその男性を映す

「ラベル貼り」と「鏡のルール」を、しっかりと使うのがポイントです。

理想の男性イメージの描き方

理想の男性イメージを描くときには、「こんな男性と付き合いたい」という理想を書き出してみるのが良いでしょう。

結婚を視野に入れているならば、理想の結婚生活から逆算して描くのも大切です。

実際は違っても構わないのでラベルを貼る

「この人が理想の人かも」という理想の男性が現れたら、その人に迷わずラベルを貼ってしまいます

もし、実際は違ったら?という疑問も、ここでは置いておきます。

なぜなら、ファンとして近づき接しているうちに、あまりにも女性の<b理想とかけ離れていれば、自然と男性の方からフェードアウトしていくものだからです。

また、ラベルを貼ることは、男性の良いところをたくさん発見することにもつながります。

男性が素敵に育つ「ラベル貼り」とはどうせお付き合いをするならば、彼とも仲良くしつつ、彼にどんどん発展・成功してほしいものですね。 世の中にはいわゆる「アゲマン」と呼...

ファンとして、相手にだけ関心を向ける

今回の場合、あくまでも気になる男性と接するときには、「ファン」として接します。

自分のことは話す必要はありません。
「あなたのことをもっと知りたいです」といすスタンスでいます。

「そんなこともできるんですか!すごい!」
「そんなことも好きなんですね」
という具合で、興味津々に接します。

男性は、自分に興味を持ってくれ、素敵だと伝えてくれる相手のことを「なんか良いな」と感じます

無意識に「認めてくれそう」「存在意義を感じさせてくれそう」と思えるからです。

「3つの刺激」を意識し、彼をかっこよく映す鏡に徹しましょう。

男性から永く愛されるのは「刺激的な女性」【3つの刺激①】「男性から永く愛される女性になりたい」というのは、多くの女性が切実に願うことでしょう。「一人の人に飽きずに愛されるなんてできるわけがない...

好意を伝えることを恥ずかしがらない

大切なのは、「伝えるのを恥ずかしい」と思わないことです。

面と向かって言えないなら、メールやLINEでも構いません。

「わたしって思ったことをすぐ伝えちゃうんですよね」というスタンスでいればいいのです。

自分の良いところを伝えてもらったからといって、男性は、おかしいなんて思いません。

「あなたは自覚がなくても、わたしにはそう見える」と、素敵な人ラベルを貼っていきます。

そうしてやりとりを楽しみ、「あなたと一緒にいることが楽しいのだ」と伝えていきます。

自分から要求はしない

注意すべき点は、自分からの要求をしないことです。

「わたしにメール・LINEをください」
「わたしと付き合ってください」

とは伝えません。

あくまで「わたしがメールを送りたいから送っている」「わたしが話したいから話している」というスタンスを崩さないことです。

たとえば会話の中で、レストランの話題がでたときなどは、

「美味しそう!連れてってください」
要求になるのでNGです。

「美味しそう!いってみたいなぁ」
くらいにとどめておくのが良いでしょう。

要求せずに好意的でいることが、関係を発展させていく

大切なのは「好意は向けているけど、要求はしない」姿勢です。

そんな女性と時間を過ごすと、男性は心地よいと感じられるもの。

その積み重ねが「もっと会いたいな」「もっと一緒にいたいな」という気持ちとなり、関係を進展させていくのです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa