男性の5タイプ別アプローチ

【タイプ別アプローチ】本当はいい人タイプの特徴と見極めポイント

今回ご紹介するのは、男性の「タイプ別アプローチ」です。

このタイプ別アプローチは、決して男性を自分の都合にあわせてコントロールするためにお伝えするものではありません。

より相手を理解するためのアプローチとしてご一読ください。

本当はいい人タイプの特徴

男性は大きく分けて5つのタイプに分類することができます。

【タイプ別アプローチ】男性は5タイプに分類されるこれまで、本サイトでは男性全般における心理とアプローチをご紹介してきました。 今回ご紹介するのは、男性の「タイプ別アプローチ」です...

そのなかでも、恋愛精神年齢が14歳にたとえられるのが「本当はいい人タイプ」です。

本当はいい人タイプの特徴は次の通り。

  • 目線は手元、もしくは何かを見ながら話す
  • 人への気遣い・共感力があり、女子力が高い
  • 都合が悪くなると連絡を絶つ
  • 馴れ馴れしいのが苦手
  • あれこれ追及されるのを嫌がる
  • 答えにくい質問をされると会話をシャットアウトする
  • 不機嫌な時に理由を説明したがらない
  • 自分の世界・自分の時間を大切にしたい
  • 彼女を紹介するときはごく内輪だけ
  • 目標に向かって努力する堅実派
  • 自分が納得することを大切にする
  • 基本は真面目でおとなしい
  • 繊細で傷つきやすく落ち込みやすい
  • 不満を溜め込んであるとき爆発するような、女性的な一面がある
  • 仕事で自分のコンプレックスをカバーする働き者

多感で繊細な、思春期の少年のようなタイプです。

反抗期の少年のように、感情に振り回されやすく、自分を認めてもらいたいと思っている、永遠の「中二病」。

女性的な感性が豊かなのが特徴です。

本当はいい人タイプのしぐさ

本当はいい人タイプで多いのは、目線を手元においたり、なにかを見たり、考えながら話す人です。

相手と目を合わせないというわけではなく、頻繁に視線が相手の周りを動いている状態です。

会話の時には、
「なんとなく」
「そういう気分」
「そういうイメージや雰囲気」
といった、抽象的な表現が多いです。

しかし、その抽象的な表現を追及されるのは嫌がります。

「なんとなく気分が乗らない」
「それってどういうこと?」
「それを説明するのって必要?」

というふうに理屈をこねてしまいます。

これは、本当はいい人タイプが、「突き詰めることよりも、相手がどう感じているかのほうが重要」と思っているからです。

また、会話が本質的かどうかを重視するため、「問題はそこじゃなくて」「それはどうでもいい話なんだよね」というセリフが多くなります。

自身も考えながら話し、また、相手の話を噛み締めて聞くのも特徴です。自分の話を正確に理解してほしいため、たとえ話を多用します。

実は、日本人にいちばん多いのが、この「本当はいい人タイプ」。真面目でおとなしい人が多く、照れ屋で傷つきやすく、人見知りです。

かといって、見るからにおとなしそうというわけではありません

職業的にハキハキ受け答えすることが得意な人もいますし、逆に、こわもてに振舞っている人もいます。

お酒を飲むと、ハイになる人もいますし、わがままを言う人や、絡みだす人もいます。

各タイプの特徴とアプローチ方法については、「タイプ別アプローチ」タグの記事、および各タイプ別タグの記事で順次ご紹介していきます。

参考

こちらの記事に記載している内容は、あなたの恋がずるいくらいに叶う!男性のタイプ別アプローチで詳しく紹介しています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa