魂のパートナーシップ

衝動的な恋に走るのは「恐れ」があるから…自分を信じられる恋愛とは

いつも衝動的なときめきの恋をする人や、相手を落とす方法にばかり意識をとらわれがちな人がいます。

なぜ、「相手を欲しい」という強い衝動に駆られるのでしょう。

そこには、自分の中にある「恐れ」が関係しています。

恋愛で自分を信じられるようになる

このサイトで伝えたいことは、「心の成長」をし、「魂の自分を表現して生きるということ」の大切さです。

自分自身に嘘をつかない生き方をすること。
常に、自分を信じて生きていくこと。

最後まで自分を助け続けてくれるのは、自分です。

自分を信頼することが、何よりも大切なのです。

自分を信じることは他者を信じることでもあり、彼を信じることにもつながります。

そして例外なく、信じた世界が現実となっていきます。

「自分を信じられるようになる」…そのための恋愛の方法を、このサイトでは発信していきます。

彼を「得る」ことと幸せになることは違う

「どうすれば彼が振り向くの?」と悩んでいる人は、「すぐに効果が欲しい!」と考えてしまいがち。

そういう人にとっては、立川ルリ子の恋愛理論はまどろっこしく感じてしまうでしょう。

「もっと楽に」「自分は変わらず、彼を変える効果的な方法はないの?」と思う人もいるかもしれません。

こういう人の望むことは「彼を得るため」の方法論です。

ただ彼を振り向かせるだけなら、やり方はいくらでもあります。

ただ結婚したいだけなら、いくらでもどうにかなるのです。

けれど、そうして無理やり彼を得ても、「幸せになれるのか?」というと疑問が沸くことでしょう。

失くすことを恐れるから得たくなる

常に何かを得ようとしている状態では、常に不足を感じ、得ることをし続けなければいけなくなります。

一瞬の満足感や、一瞬の達成感。

それらはアドレナリンが放出され、麻薬のようでもある快感ですが、継続されることはありません。

そうやって無理やり得ても満足することはなく、むしろ、「もっと、もっと」となるし、今度は失くすことを恐れるようになってしまいます。

自分の力ではないもので得ても、ちっとも自分を信頼する材料にはならないからです。

起こる出来事を信用できない、つまりは、自分を信じられないので、怖くなり、無理やりにでも何かを得たくなります。

そうして、どんどん恋愛に依存し、「得る」ことが重要だと感じるようになるのです。

恐れはブラックホールのようなもの

また、自分が変わるということをせず、無理やり何かを捻じ曲げた場合は、必ずその反動が起こります。

捻じ曲げようとする力は、恐れから生まれる負のエネルギーだからです。

恐れという負のエネルギーから、何かを手に入れるということは、一方で何かを失くすということにもつながります。

この現象はまるで、英理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士の、ブラックホール理論のようなもの。

ホーキング博士は
「ブラックホールに飲み込まれた粒子が負のエネルギーであった場合、ブラックホールはそのエネルギーに相当する質量を失うことになります」
と言っています。

恐れから欲しい欲しいと得る心は、まるで、負を吸い込んだブラックホールのようなもの。

自分を信じられる恋愛がある

だからこそ、恐れを持っていると自分が感じるならば、まずは自分を信じることが大切なのです。

恋愛をすることで、そう信じることができるようになります。

恋はそもそも依存を生みます。

たとえ社会的に自立していても、恋愛には、その人の内面が全部出ます。

弱さも、ずるさも、怒りも、厳しさも、寂しさ、悲しさも。

普段、自分を信じられていない人ほど「何かを得たい」という衝動に駆られます。

そして、衝動的なときめきの恋をしてしまうのです。

どうぞ知ってください。

衝動的な恋が依存を生むこと、そして恐れを生むことを。

そして、自分を信じられるようになる恋愛の方法があるのだということを。

この記事の内容は、立川ルリ子ブログの掲載内容を加筆・編集したものです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 ruriko tatsukawa
The following two tabs change content below.
小嶋 由希子

小嶋 由希子

女性向け記事ライター。本サイトでは、立川ルリ子の書籍・ブログから、恋愛に特化した記事を作成しています。
ABOUT ME
小嶋 由希子
小嶋 由希子
女性向け記事ライター。本サイトでは、立川ルリ子の書籍・ブログから、恋愛に特化した記事を作成しています。