魂のパートナーシップ

執着心が残るのは恋をやりきっていないから

前回の記事では、「愛し合っていてもいっしょになれない恋」についての捉え方をご紹介しました。

今回は、すべての恋愛にあてはまる「お別れ」についての捉え方をご紹介します。

恋愛によって何を得たか

恋愛をするにあたって一番大切なのは、「恋愛によって何を得たか」です。

辛いだけで、何も得なかったと思うとしたら、それは残念ながら、ご縁を無駄にしてしまっている証拠です。

これでは魂の約束は果たされず、とても悔いの残ることになります。

執着心はやりきっていないときに起こる

「魂の悔い」が残ると生じるのが、「執着心」です。

人は魂のプランを達成できないことに対して、大きな悔いを残します。

恋愛でのご縁において、魂のプランを達成するということは、「やりきること」。

何をやりきるのか…それは、そのご縁で浮き彫りになる課題に取り組むことです。

恋愛は気づきを促す

わたしたちは恋愛のみならず、人生すべてにおいて「学び」と「成長」を促す「気づき」を体験しています。

なかでも恋愛が一番、この「気付き」を強く促すのです。

この「気づき」のダイジェストが、人生の最後にわたしたちが振り返る物語となります。

その他の楽しいことや苦しいことなどの「体験」はオプションでしかありません。

恋をしてたくさん苦しんだとしても、すべて思い出となる…まさに、「体験した」という楽しみが残るのです。

もし、忘れられない思いや、その恋の終わりがただ、辛いものなのだと感じる方は、「得られるはずの学びが終わっていない」という証です。

恋愛はやりきると、かすかな切なさを残すかもしれませんが、最後は大きな愛と感謝に満ちて終わります。

それは「課題が終わった」と言うサインなのです。

気づきを得ることで次の出会いが変わる

たとえお別れした後だとしても、自分に向き合うことで、気づきは得ることができます。

ぜひ、振り返ってみてくださいね。
そうすることによって、次の出会いが変わるのです。

この記事の内容は、立川ルリ子ブログの掲載内容を加筆・編集したものです。

The following two tabs change content below.
小嶋 由希子

小嶋 由希子

女性向け記事ライター。本サイトでは、立川ルリ子の書籍・ブログから、恋愛に特化した記事を作成しています。
ABOUT ME
小嶋 由希子
小嶋 由希子
女性向け記事ライター。本サイトでは、立川ルリ子の書籍・ブログから、恋愛に特化した記事を作成しています。