魂のパートナーシップ

「ソウルパートナー」に出会いたい!魂の片割れともいうべき相手を探す方法

昨今、スピリチュアル用語が一般にも使われることが増えてきました。

その中で「ソウルパートナー」「ツインソウル」などと言った言葉を聞いたことはないでしょうか。

「そんな人に出会えたらいいな」と思う人も多いことでしょう。

今回は、そういった相手に出会う方法をご紹介します。

魂の片割れともいうべきパートナー

スピリチュアル用語で言うところの「ソウルパートナー」「ツインソウル」とは、「魂の片割れ」とも表現できます。

これは、もともとはひとつの魂が、ふたつに分かれたパートナーのことを指します。

このふたりが出会うと、最終的には次のような状態になります。

  • 相手の考えていることが手に取るようにわかる
  • 同じ志で人生を歩むようになる
  • 深い一体感を感じられる

魂の片割れに出会う条件

こういったパートナーに出会うためには、外せない条件があります。

それは、ふたりともが「本当の自分に目覚めていること」です。

本当の自分に目覚めている状態とは、自分の魂の存在をしっかりと感じ取れている状態です。

出会った瞬間に「この人だ!」と確信をもてなくても、パートナーを目覚めさせることで、のちのちわかることもあります。

「信じる」という試練

もし自分の好きになった人が、魂の片割れのパートナーだとしたら、最初のときめき期は、素晴らしい時間を過ごせることでしょう。

「こんなに一体感を感じられる人がいるだろうか?」とも感じられます。

その後、お互いの調整が始まります。

調整とは、ひとつの魂として生きるために、不要な課題をそぎ落とすことです。

ここで、あるひとつの試練が来ます。

その試練とは「信じる」ということです。

信じるということ

「信じる」とは、どんなことが起きても、彼を信じるということです。

そして何より、自分を信じることでもあります。

これができると、余計なものが削ぎ落とされていき、魂の繋がりを感じられるようになります。

魂の繋がりとは

ここでいう「魂の繋がり」は、はっきりと感じられるものです。

それは、

「もう、すでに知っていた」
「答えは全て持っていた」
「変わるのではなく、ようやく本当の自分に戻れた」

そんな感覚です。

「信じられない」のは簡単

「信じる」というのは、簡単そうで難しいものです。勇気が必要でもあります。

「信じられない!」とするのは、実は簡単なことでもあります。これは自分の責任ではないところに、物事の結末を持っていけば良いからです。

全ては自分から始まっています。

自分が、パートナーと自分自身を信じるところから、魂の存在と繋がっていくことができます。

信じることは、恋から愛に変わる通過点でもあります。

ここを意図的にやると、恋愛の仕組みは途端に勢いを持って動き出します。

出会えない人は出会えるようになるでしょう。すでにパートナーがいて悩んでいる人は、相手が別人のように素敵になります。片思いでさえ叶うのです。

魂の片割れに出会うために

魂の片割れともいうべきパートナーと出会いたいなら、次のことを実践してみてください。

片思いの人

私は素晴らしい存在だと、自分を信じることを貫きましょう。自己否定はいりません。

「わたしなんて…」という言葉で、自分を「申し訳ない存在」にすることは、絶対にしてはいけません。

パートナーがいる人

自分と彼に対し、「信じること」を貫きましょう。疑いはいりません。

自分と彼がご縁したということは、自分にしか手伝えないことがあるからです。

彼にとって、自分は特別な存在なのです。

出会いを求めている人

「自分が幸せになって良い」ということを信じましょう。

「わたしは無限の幸せを受け取れる存在なんだ!」
と信じてください。

この記事の内容は、立川ルリ子ブログの掲載内容を加筆・編集したものです。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 ruriko tatsukawa
The following two tabs change content below.
小嶋 由希子

小嶋 由希子

女性向け記事ライター。本サイトでは、立川ルリ子の書籍・ブログから、恋愛に特化した記事を作成しています。
ABOUT ME
小嶋 由希子
小嶋 由希子
女性向け記事ライター。本サイトでは、立川ルリ子の書籍・ブログから、恋愛に特化した記事を作成しています。