男性心理とアプローチ方法

男女の考え方の違いとは?察してほしい女性は「自分の取扱説明書」をつくろう

「男女では脳の作りが違う」というのはよく聞く話かもしれません。

しかし具体的に、明確な違いをわかっている女性は少ないもの。

女性が「男女の考え方の違い」をしっかり把握していると、余計な不安やイライラを抑えることができます。

男女の考え方の違い

男女の考え方には根本的な違いがあります。

女性は、問題が起きないために対策を取ろうとします。

男性は、問題が起きたときにいち早く対処するための方法を考えます。

こうした違いがあるからこそ、「問題が起こること」に対して多角的な見方ができ、補い合うことができるのです。

女性は未来を予測すること、男性はいち早く対処することが得意

女性は、問題が起きないようにする対策を練ることだけでなく、「問題が起きた原因」を把握することも得意です。

ケンカになったとき、「なぜこうなったのか」を追求するのは女性です。

男性は「今起きているこのケンカをなんとかおさめよう」と努めます。

また、女性は危機管理能力にも長けています。

「同じようなトラブルが起きないためにはどうしたら良いか」を予測し、対策しているのが女性。

男性は「なるべく平和な現状を維持し、トラブルの際には迅速に対処する」ことが得意です。

女性がしがちな「察してよ」

女性はこのように、予測する能力に長けているため、男性の行動から気持ちを察しようとします。

また、男性にも察してもらうことを求めがちです。

そんな女性がやってしまいがちなのが「わたしの気持ちを察してよ」「これくらい言わなくてもわかるよね」という無言のプレッシャーを男性にかけることです。

この思考は、男性がとる行動に、過剰な不安を感じてしまいやすくなります。

「わたしのことが好きなら、こんなことしないはず…」
「なんでわたしのことをわかってくれないの?」

と不安になる女性の多くは、実は「自分でも何をしてもらうと嬉しいかがよくわかっていない」場合が多くあります。

「さみしくて電話をしているのに、さみしいって気づいてくれない」
「スキンシップがほしいのに、全然触れてくれない」

などの不満や不安が、彼への不機嫌な態度で現れてしまうのです。

自分の取り扱い説明書をつくる

こういう女性におすすめなのは「自分の取り扱い説明書」をつくっておくことです。

  • わたしはおいしいものを食べると喜びます。
  • わたしはスキンシップが好きなので、頭を撫でられると特に喜びます。
  • わたしはさみしい時に連絡してしまう癖があるので、急に連絡がきたときには「何かあった?」と聞いてくれると喜びます。

という具合です。

このように「自分がどう扱われたいのか」をはっきりさせておくことで、どうしたら彼にその要望を叶えてもらえるのかが、予測しやすくなるのです。

この取り扱い説明書に沿って、彼に「欲しい愛情表現」を伝えることで、むやみに彼へプレッシャーをかけることもなくなるでしょう。

参考

この記事の内容は「この女に愛されたいと思われる」”彼女”になる方法で詳しく紹介しています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa
The following two tabs change content below.
小嶋 由希子

小嶋 由希子

女性向け記事ライター。本サイトでは、立川ルリ子の書籍・ブログから、恋愛に特化した記事を作成しています。
ABOUT ME
小嶋 由希子
小嶋 由希子
女性向け記事ライター。本サイトでは、立川ルリ子の書籍・ブログから、恋愛に特化した記事を作成しています。