魂のパートナーシップ

うまくいかないのは「自分洗脳」にハマっているから?パートナーと共にチャレンジ

恋愛がうまくいかない…愛される自信がない…浮気ぐせがある…そんなふうに、恋愛に対して悩む人も多いことでしょう。

今回は、恋愛、そして人生で壁に当たった時にぜひ考えてみていただきたい「自分洗脳」についてご紹介します。

自分洗脳とは

「自分洗脳」とは、「私はダメな人間なんだ」という自己否定を、毎日自分に言い聞かせ、自分で自分を洗脳している状態のことを指します。

若い頃から自己否定のくせがあっても、自己表現をし、自己実現するたびに、強くなり自信に変えていける人もいます。

しかしそういう人でも、心の隅に「頑張っている自分」を置いてしまうと、つい自己洗脳に陥ってしまっていることがあります

たとえば、

「将来の幸せのために今頑張る!」
「良くなるために頑張らなきゃ!」

という、一見ポジティブな言葉。

これは、裏を返すと

「今は幸せじゃない」
「今の自分はダメ」
「頑張らないと幸せになれない」

ということでもあります。

自覚のないままこういった言葉を自分に投げかけていくことで、何十年も毎日のように自分洗脳してしまうこともあるのです。

実はこの自分洗脳にはまってしまっている人は、世の中にたくさんいます。

自分洗脳から解き放たれるには

一度はまり込んだ自分洗脳から向け出すのは、容易なことではありません。

そんな人が完全に解き放たれるために実践していただきたいのは、「信じる」内容を変えるということからです。

この「信じる力」には、段階があります。

  1. 自分を信じる力
  2. 他人を信じる力
  3. 出来事を信じる力
  4. 愛の存在を信じる力
  5. すべての存在を信じる力

なお、最後の「すべての存在を信じる力」は「死の恐怖すらも乗り越える力」があります。

「信じる力」を恋愛で手に入れる

「信じるものは救われる」という言葉があります。

まさにその通りではあるものの、ひとりでこの「信じる力」を手に入れるには、なかなかの困難が伴います。

そういうときにぴったりなのが、「恋愛のしくみ」を最大限活用すること。

つまり、恋に落ちる相手との恋愛ひとつひとつを通して、信じる力を手に入れていくということです。

「恋愛のしくみ」はうまくできていて、こうした「信じる力」を高めることができるようになっているのです。

「ひとりでチャレンジしなくていいよ」と神様が備えてくれた、素晴らしいシステムといえるでしょう。

「ふたりでチャレンジしていくこと」に意味があるのですから。

ふたりでステップを進むと愛の境地へたどり着く

ふたりで1〜5のステップを進んでいくと、音と同じ、「倍音効果」があります。

※倍音効果について詳しくはこちら(外部リンクへ飛びます)

わたしたちふくめ、すべての物質はもともと振動しています。そのため、それぞれに固有振動というものがあります。

この振動数を可聴域にまで持っていけるとしたら…ということをイメージしてみてください。

あなたは今、どんな音を奏でていますか?

この固有振動を美しく奏でられるようになることが、自分洗脳から抜けることへの最終地点といえます。

ひとりで倍音を奏でられるようになるのも素敵ですが、彼も倍音を奏でられるようになると、もっと素敵なことが起こります。

倍音は愛そのもの。

恋愛すると、愛そのものの固有振動を取り戻せるということでもあるのです。

恋愛のしくみを使って自分洗脳を抜けていく

なぜ、わたしだけ恋愛がうまくいかないのか…
なぜ、パートナーがいても満たされない思いが続くのか…
なぜ、わたしは愛されないのか…
なぜ、パートナー以外の男性を好きになってしまうのか…
なぜ、こんなにも自分に自信が持てないのか…

日頃からこのように思う人は、自分洗脳に陥っている可能性があります。

ぜひ、本サイトで紹介しているたくさんの恋愛のしくみを使って、自分洗脳から脱出してみてください。

この記事の内容は、立川ルリ子ブログの掲載内容を加筆・編集したものです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa
The following two tabs change content below.
小嶋 由希子

小嶋 由希子

女性向け記事ライター。本サイトでは、立川ルリ子の書籍・ブログから、恋愛に特化した記事を作成しています。
ABOUT ME
小嶋 由希子
小嶋 由希子
女性向け記事ライター。本サイトでは、立川ルリ子の書籍・ブログから、恋愛に特化した記事を作成しています。