パートナーシップを育む愛の三次元

彼との「違い」に悩む女性は「わたしの世界」を充実させよう

「恋愛をするたびに、いつも悩んでばかり…」という女性には特徴があります。

それは、「自分の世界」だけで恋愛をしているということです。

「わたしの世界」とは

素晴らしいパートナーシップを作るための考え方に「愛の三次元」というものがあります。

パートナーシップを育む「愛の三次元」とはより良いパートナーシップを育む考え方として「愛の三次元」というものがあります。 これは、自分を大切にし、彼のことも尊重したうえで、...

その三次元のなかでも、基盤とも言えるのが「わたしの世界」です。

「わたしの世界」とは、「わたしの価値観でできている世界」です。

育った環境、いまの環境、友人、仕事、趣味や好みなどを指します。

「わたしの世界」が満たされていないときは

「わたしの世界」はわたしの価値観でできていますから、「わたしの世界だけ」で恋愛しようとすると、「彼はわたしの世界を素晴らしくしてくれないと困る」という発想になります。

「彼がわたしの価値観と違う」ということは、わたしの世界を脅かされるということになるので、同じでないことが問題だと感じてしまいます。

なかなか出会いがないという人も、この「わたしの世界」に固執していることがよくあります。

また、「わたしの世界」に固執している人は、自信のなさから、親や友人の価値観を優先しすぎるくせがあります。

そうすると、自分の気持ちを大切にできず、自己肯定感が育まれません

結果、恋愛したときに感情のコントロールができなくなってしまうのです。

「わたしの世界」を素晴らしくする

この状態から脱するためには、「わたしの世界」を素晴らしくし自分のことをもっと大切にすることです。

  • 自分らしいライフスタイルが送れているか
  • 「こんな自分ではダメだ」と思っていないか
  • 足りない自分を満たそうと無理していないか

をよく見てみましょう。その上で、自分の価値観をより表現するように過ごしてみましょう。

そうすると、相手と自分の違いに一喜一憂しなくなり、感情に振り回されることがなくなります。

参考

この記事の内容は
あなたの恋がずるいくらいに叶う!男性の5タイプ別アプローチで詳しく紹介しています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ruriko tatsukawa